元大手自動車買取店長が教える車の買取・査定の業界裏話

元大手自動車買取店 店長経験者だからこそお伝えできる、車査定・買取業界のウラ話や車を高く売るためのテクニックをご紹介するサイトです。営業マンに騙されない為にも必見です!

車を売る時、車買取業者の査定とディーラーの下取りではどっちが高い?ホントのところ

   

今乗っている車を売却するだけではなく、新しい車に買い替えの時は、ガリバーやアップルやカーチスのような買取業者に買い取ってもらった方が得なのか?それとも、次の新車を買うディーラーで下取りに入れた方が得なのか?ホントのところ、どちらがお得なのでしょうか?

 

■買取業者に買い取ってもらった方がお得!

結論から申しますと、ガリバーやアップルやカーチスのような買取業者に買い取ってもらい、新車は最大限値引きしてもらった方が、トータルではお得になります。

 

■車の値引きの額は、下取り額と一緒にごまかされている

なぜ、買取業者で買い取ってもらった方がお得かという理由は、下取りの場合、値引きの額と一緒にごまかされている可能性が高いからです。

事例を挙げます。

新車価格:300万(諸経費混み)

値引き:20万

下取り:100万

支払額:180万

というような見積もりのケースです。

ディーラーの営業マンは、商談を有利に進めるために、販売する車の値引き額を小出しにしてきます。そして、下取りの金額とあやふやにして、お客さんには分からないように、商談に有利なように金額を調整します。

上記見積もりでは、値引きは20万となっていますが、本当は、この車は最大30万まで値引きできる車だったとします。

見積もり上の値引き額と、最大値引き額とに10万の差がありますが、この10万を下取りに上乗せしているのか、上乗せせずに、今後の商談のために余裕を残しているのかが、この見積りだと判断ができません。

そこで、一旦、上記のような新車の見積もりを取った上で、下取りに入れる予定の車の買取査定額を、買取業者に聞いてみてください。もちろん、複数の買取業者の査定金額を聞きましょう。(複数買取業者で査定をする理由はこちら)

そして、買取業者の査定額が、上記見積もりの下取り額より高い場合は、下取りに入れずに、買取業者に売却して、新車については、最大値引き額を引き出すようにディーラーの営業マンと交渉してください。

仮に、買取業者の査定額が110万だった場合、上記の見積もりが下記のように変わります。

新車価格:300万(諸経費混み)

値引き:30万

買取り:110万

支払額:160万

その差はなんと20万!!!

20万も浮いたら、それで、ナビのオプションつけてもいいし、スタッドレスタイヤだって買えるし、買った新車での旅行代にもできます。

 

■まとめ

このように。車を買い替える場合は、下取りには入れずに、買取業者で車を売却して、購入する車は、最大限値引きをしてもらって買うのが結果的には一番お得です。

買取業者から査定を聞きたいときは、この一括査定サービスがおすすめです。

30秒で完了する簡単なフォームに一度だけ入力するだけで、複数の買取業者から査定額を確認することができますよ!是非活用してみてください。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
ローンが残っている車で買い取ってもらえるの?

車を購入するとき、ローンを組んで購入するケースはよくあります。 車の査定・売却時 …

no image
ぶっちゃけ、どこの車買取業者の査定額(買取額)が高いの?

車の買取店ってたくさんありますよね。 ガリバー カーチス アップル ラビット ビ …

no image
車の査定・買取業界のウラ話!知ってると得するかも!?

元大手買取店の店長をしていたからこそ話せる、車の査定・買取業界のウラ話を紹介しま …

no image
車の査定・買取の営業マンに騙されない3つのポイント

私自身、大手自動車買取店で営業として働いていた経験が長いのでよく分かりますが、営 …